フラット35という名前の住宅ローンとは?

フラット35という名前の住宅ローンフラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただそんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅ローンの支払いを長い間していると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

フラット35金利一覧!2017年6月の金利最安銀行【おすすめは?】