看護師の仕事は大変?

交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りというものが必要になります。
担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、看護師が把握しておくべきことについての諸々を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告するというものです。
患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に行うようにしましょう。
あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。
よく知っている看護師がずっと人間関係に悩まされていたのですが、最終的に先月、退職してしまいました。
このような環境におかれたご時世、新たに看護師を迎えるにも看護師のなり手が少ないそうで、病院側は頭を抱えているということでした。
看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、もっと早く、そのような状況にならないように、もう少し配慮すればいいのにと呆れました。
職業上、看護師という立場では煙草を嗜む人が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。
病気の患者と接する職業上、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が増えていることが分かるのではないでしょうか。
普通、看護師にとって、仕事が難しくない病棟としては、採血室が例として挙げられます。
透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う診療科です。
献血センターなども当てはまります。
基本的には、同じ作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。
採血は、どの科でも必要となるので、どの科に配属されても役に立ちます。