火災保険ってどんなもの?

火災保険とは、自宅から出火した時、その被害に対して保証金が下りる保険です。
火災保険には、「建物」と「家財」の保障があります。
この2つを契約することにより、万が一の火災の時でも十分な補償が受けられる仕組みになっています。
例えば、「建物」だけの火災保険契約ですと、火事になった場合、建物以外の保障は出ません。

ですので、家財道具がもし全焼してしまった場合、自腹で1から買い直さなくてはならなくなります。
それを防ぐためにも、「家財」の保障にも入っておきましょう。
建物と家財は、ほとんどの火災保険会社で個々に契約が必要となってきますので、注意が必要です。
また、戸建て住宅などですと、火災・家財・家の保障などをすべて含めた住宅安心総合保険という物に加入している方が多いと思います。